日別アーカイブ: 2018年7月27日

海に潜って大好きなタツとかエビとかソフトコーラルとか撮影したいなぁ(‘ω’)

こんにちは!!!

31109

今日は、つだがお送りします~★☆

今日、ふと目が覚めたらまだ目覚ましよりだいぶ早くて、もう1度寝たら夢を見たんですけど、たまーーーに見る、同じ夢があって。

巨大沈船に潜る夢なんです。一緒に潜るのは毎回違う人なんですけど、私の頭の中にあるダイビングポイントなんでしょうね。笑。

ちなみに、絵はめちゃめちゃ下手くそですが、描いてみました。

DSC_0335

伝わら無さそう~~笑。

とにかく、透明度がめちゃめちゃ良くて、40mくらい見えるんですけど沈船が大きすぎて、水底は見えないという・・・60か80か100mくらいあるかもしれないですね~。そして、なぜか、沈船の中には電気がついていて、窓がものすごい数並んでるんですけどそこから光が漏れているという。

魚も群れがいっぱいで、ソフトコーラルもいっぱいで、ダイバーもいっぱいで、超有名スポットなんです(夢の中では)。

私の中の理想のダイビングポイントなんですねぇ~たぶん。ていうワイドな海に、今日の朝も潜ってきました。笑。

さてさて、みなさんは、ワイド派ですか?マクロ派ですか?

MYカメラをGETしたけど、もっとキレイに撮りたい!もしくは、装備が色々あるみたいだけど、何がいいの??という方へのお話しを今日はしようと思います。

まずですね、マクロ派の方!ウミウシとか、小さなハゼとか、小さなエビカニとか、とにかく小さいものを手軽に撮影したい!という方へのオススメは、最近大人気の・・・

DSC_0336

【リングライト】!ですね。レンズの周り360度から光で照らすから、明るく鮮やかな写真が手軽に撮影できます♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、ライトだと・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

影ができる影響と、ライトの色温度の問題で、鮮やかという感じはリングライトの方が強いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガラスハゼも鮮やか(・∀・)

そして、ワイド派の方!ソフトコーラルが生えている様子や、魚の群れ、洞窟などの地形、沈船など、景色を撮影したい!っていう方にオススメなのは、

DSC_0338

【ストロボ!】

装備が大きくなるのと、難しそうというイメージで敬遠されがちなアイテムですが、使い方は実はとてもシンプル。光ケーブルで繋ぎまして、シャッターを押して内臓フラッシュの光をケーブルが伝えて光るので、基本シャッターを押したら勝手に光ってくれます。

そして、なにより水中ライトよりも、ワイドに、強い光が出るので群れの魚にも当たる。

そして、できれば、【ワイドレンズ】との併用ができると、より良いですね。

ワイコンレンズ

よく、ワイドレンズは透明度が良い、BIGツアーの時に必要と思ってる方が多いのですが、撮影対象が大きなものになればどこでも大切なアイテムです。

大きな撮影対象を画面内にすべておさめようとすると、かなり離れないと撮影ができません。特に、透明度が悪いときや、海の色が濃く青いときは余計に。レンズがあれば、離れなくても画面内に収まるので、ストロボの光がより届きやすく、撮影しやすくなります。

image413

和歌山の沈船(・∀・)

8bccc3ad

三重、尾鷲のソフトコーラル。

image42

どこかのソフトコーラル。笑。

そして、最後に、いやいや、マクロもワイドも撮りたいんじゃーーー!!!という方。そりゃそうですね。沈船にもウミウシひっついてますし(・∀・)

【リングライト】と、【ストロボ】の併用も可能です。ただ、そこに【ワイドレンズ】はつけれません。ちなみに、こういうのもできます。

DSC_0337

 

つだ的オススメ。アームにはストロボを、カメラの頭にシューベースというパーツでライトを装備して、ワイドレンズを付ける。うん、素敵(・∀・)

lens_fe_uwl28m52mg_03

新しく出たワイドレンズなら、マグネットマウントで、カチャっとはめて、カチャっと素早く外せるようになったので、ワイドからマクロ、そしてワイドへの切り替えも簡単にできるようになりました☆★

ということで、今日はとっても長くなっちゃいましたが、カメラ装備品の今!!!みたいな感じでしたー(・∀・)

なんだかよく分からないけど、こういう写真が撮りたいの!!という方は、お気軽にスタッフまでお問合せくださいね。

では、では、またねー(・∀・)★